見出し画像

インターン生が社長と1on1してみて学んだこと

先週、人事インターンからの特集を始めさせてもらうというお話をさせていただきましたが…(先週の記事はこちら)

そんな私の第一弾は朝会から社長との1on1に繋がったこんな体験です!

フェズの朝会では社長からの経営進捗や、事業部ごとの事業進捗の報告やノウハウ共有などのコンテンツがあり、毎週月曜朝に行なっています。

先々週の朝会ではこんなことが。

伊丹
「自分に負けている仕事をしないようにしてください」

スクリーンショット 2020-08-11 14.17.16

自分に負けない仕事…?と私は一瞬固まってしまいましたが。

この会社で何ができるのか?自分に嘘をついて仕事をしていないか?など自分を見つめ直すことで自分で改善できる幅が見つかり、それは自分で改善する…それが「自分に負けない仕事をすること」

確かに「この会社で何ができるか」見つめ直すことをしていなかったかも、と反省しました。


そしてその後

「これを聞いて悔しいと思った方とは全員1on1をするのできてください」

スクリーンショット 2020-08-11 14.14.50

最近就活も続き勤務時間もまちまちでぼんやりと仕事する状態から抜け出せていなかった私。

少し緊張しながらも社長にこんなslackを。

スクリーンショット 2020-08-07 17.29.55

今見ると「なんていう時間に送ってるんだ」「もっとしっかりした内容で1on1しろよ」「次の日にMTG入れてる…」と自分でもツッコミどころ満載なのですが

毎回快くOKしてくれる社長(前回も快くOKしてくれた記事はこちら)…いつも有難うございます🙇



15分間話させてもらった私のMTG内容は

・自分に負けない仕事をするために喝を入れてもらうこと
・インターン組織について

の2つです。

(インターン組織についてはまた別の機会で話をさせていただきます。)


就活も終わり残り数ヶ月のインターンとなった私ですが、私の課題は

「いろいろな方向に手を伸ばしすぎている」こと。

残り数ヶ月の私が人事として掲げていた目標は「DR(ダイレクトリクルーティング)の設計を成功させること」でした。

しかし、それを成功させるには使っている媒体が「どのような媒体なのか」「媒体の特徴が会社にマッチしているか」などを知るためのアクションを積まなければいけないこと、さらにそれを様々な媒体で行わなければならないことがあり

当然のように残りの数ヶ月では間に合いませんでした。

また、そのようにアクションを積んでいったとしても、その途中までの結果を相手に引き継げなかったとしたら「一時の成功」であって「会社としての利益」にはならず、また0から始まる次の担当にとっては無駄になってしまいます。

そのため、「媒体を絞って媒体での採用を成功させる」こと、そして「成功要因をしっかりと次の担当に引き継ぐこと」をミッションにするべき、と教えていただきました。

具体的には、アクションを行う際にデータを何かに残しておく、定例のMTGや報告の時に「どうして成功したのか」までをセットでいうことができるようにしたいと考えています。

-----------------------------------------------------------------------------
ここからは感想なのですが、

今回の1on1を通して感じたことは以下の2つでした。

1.自分の質の低い相談に、丁寧に乗ってくれて自分の足りない部分に気づかせてくれたこと
2.「活躍できる、フェズに合う人材を獲得するまでの成功ルート」を見つけることが会社としての利益なのだと知れたこと

「自分の質の低い相談に、丁寧に乗ってくれて自分の足りない部分に気づかせてくれたこと」

自分が思っていたり悩んでいたりすることを一旦しっかり聞いていただき、それに対して整理する形で答えてくれたので、

私の場合、あとは明確に次のアクションを組み込むことで自分の目標までの道をはっきりとさせることができました。

反対に、目標までの道を曖昧にして明確にしていなかったこと自体が、「自分に負けない仕事」ができていない状態なのだな、と

社長との1on1を通して、遅れながらも気づくことができたと思います。

ここまでは本来自分で気づくべきことでしたが、「質が低い」などとは一切言わず喝を入れてくださったのでしっかりアクションに結びつけて成功に持っていきたいです。


また2つ目ですが

自分は人事として「ポジションに合い、これから活躍できる人材を採用すること」が利益に繋がると考えていましたが

「活躍できる、フェズに合う人材を獲得するまでの成功ルート」を見つけることが会社としての利益なのだと知ることができた経験にもなりました。

「自分に負けない仕事」ができるようになったら、インターン組織と合わせてまた記事にしようと思います!

次週ではモチベーションが爆上がりするフェズのQBRについてのお話をさせていただこうと思います!それでは!


嬉しいです!明日もがんばります!!
1
『リアル×テクノロジーで小売業界の課題を解決する』株式会社フェズの公式noteです。 小売・メーカー・消費者をつなぐ「広告×販促×店頭」を連動させたプラットフォーム「Urumo OMO」を作る話や、活気のある組織・メンバーの話まで、あれこれを発信。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。