見出し画像

フェズ初の内定者研修を創ってみたら、私が一番学んだ話

先週、フェズの21卒内定者が一堂に会し、フェズ初の内定者研修が行われました!
今回で新卒採用は4回目になりますが、ほとんどがフェズインターンを経て入社していたこともあり、フェズオリジナルの研修を開催したのは初めて。

新しくゼロベースでプログラムを設計した人事の一谷めぐみさんに話を聞いてみました!


今回が初研修!実施した背景は?

背景は2つあります。

1つ目は、知識として最低限のビジネスマナーをインプットする必要があると感じたこと。
フェズの新卒はインターンを経験している学生がほとんどなので、入社するときには業務が出来る状態です。

見様見真似で吸収し自走してくれますが、クライアントと初めて接する時に失敗してしまうケースも聞いていたので、名刺交換や会議室の通し方・話し方のコツ等、ビジネスパーソンとしての共通認識は揃えてあげたいと思いました。

2つ目は、若手育成部署が新しく発足したこと。
今までは各事業部に配属される人数も少なく、インターン開始時期もバラバラだったので、教育は各事業長に任せていました。

今回は、たくさんの新人が一気に1つの部署へ配属されることになります。事業部に教育を任せるだけでなく、よりスムーズに個人と組織が生産性高く動ける環境づくりを人事としてもサポートしたいという思いがありました。


カリキュラムの内容は?

今回2Daysの集中研修を行ったのですが、実は、内定者研修カリキュラムの一部なんです。9月から4月までを研修期間として設け、オンラインでのトレーニングや自習課題も交えながら設計しています。

カリキュラム全体としては、「4月1日入社時にスタートダッシュを切るために必要な、フェズ社員としてのマインドセットとビジネス基礎知識の修得」が目標。

コンテンツは4つほど設けましたが、特にこだわったのは「周囲からの高い期待を知ることと内定者同士刺激しあうことで、未来へのワクワクと緊張感を持つ」こと、「ビジネスの基本は”相手本位”であると理解する」ことです。

内定者はそれぞれフェズに関わっている歴が全然違うのですが、自分次第で成長の機会は沢山転がっているし、社員から学ぶだけでなく内定者同士の刺激もあるよ、というのを感じてもらいたいと思っていました。

画像1

特に工夫したこと難しかったことは?

前職でも人事研修は担当していたんですが、前提条件がバラバラな人達に研修するのは初めてなので、チャレンジングでしたね。

既にインターンとして働いている子もいれば、今までオフィスで働いたこともない子もいる。知識レベルが異なるだけでなく、「これをやる意味とは?」をよく考えている子達なので、HOWを教えるのではなく、WHYを考えさせる研修にしました。

・そもそもビジネスマナーって何なのか?
・フェズの営業マンの先輩たちが、ガチガチにネクタイを締めなくても成績を残すのはなぜか?
・報連相ができないとどんな弊害があるのか?
というようなことを問いかけ、一緒に考えました。

「なぜ?」を考える思考回路ってそれぞれ異なるので、それをディスカッションさせると視座の違いが浮き彫りになります。実際にお互いの発言から刺激を受けていましたね。そこは上手く設計出来た部分だと思います。

みんな実行力がある子たちなので、何かを一人でガンガン進めることは得意。だから、チームとして共通目標を持つ重要さや、人となりを分かった上でコミュニケーションを取るメリットも伝えたいことの1つでした。

あとは、将来のフェズを担ってほしいという期待があるので、役員である伊丹さん・林さんから明確に伝えてもらうこともお願いしました。翔太さん、青野さん、勇次さんといった執行役員・部長の面々にもご協力いただくことで、業務レベルを体感した内定者の成長欲求がさらに高まったのもよかったです。

スクリーンショット 2020-11-06 20.41.39

来年はどうする?

来年は、21卒が22卒の内定者研修を設計・実行してもらう形も考えてます。
楽しそうじゃないですか?笑

今年の研修を受け、実際に働き、どんな振り返りをして、どんな内容を後輩に教えてあげたいのか気になりますね。
研修の一番の弊害は受け身になったり形骸化してしまうことだと思うので、人事が創り続けるものではなく、そのときのメンバーでしか出来ないものにしていきたい。

実際、2Daysの最後には、「これはもったいなかったかも」「こうしたらもっと良さそうだよね」といったディスカッションも生まれたので、嬉しかったですね。

研修ってやらなくてもいいよねって人もいるし、必須ではないと自分でも思ってます。でもやってみてよかった!

初めて内定者全員が顔を合わせ、同期の人となりや会社からの期待を知り、いい刺激が生まれる場をデザインできたと思っています。
何より私が一番学ばせてもらいました!笑
あらためて、新卒含め「人」のレベルの高さを実感したし、フェズのことを好きになれました。

フェズでは通年採用をしているので、同期の関係性が薄くなりやすいですし、早く入社する子に対する焦りもありますよね。新卒の同期って一生に一度しか出来ない仲間だから、大切な関係になったらすごく嬉しいです。


---------

いかがでしたか?

一谷めぐみさん改め、”めぐちゃん”は、フェズ入社初日に「フェズのみんなを幸せにします」宣言をしちゃうぐらい人が大好き。

彼女が熱い想いを詰め込んだ研修、きっと有意義な2日間だったのではと思います。
もっと知りたいと思ってくださった方は、ぜひTwitterも覗いてみてください!

▼一谷めぐみのTwitter
https://twitter.com/1ta2meg3?s=20


研修を受けた内定者の感想や意気込みはまた追ってご紹介しようと思います!
お楽しみにー!

note ノート 記事見出し画像 アイキャッチ (1)


この記事が参加している募集

私の仕事

オープン社内報

嬉しいです!明日もがんばります!!
15
『リアル×テクノロジーで小売業界の課題を解決する』株式会社フェズの公式noteです。 小売・メーカー・消費者をつなぐ「広告×販促×店頭」を連動させたプラットフォーム「Urumo OMO」を作る話や、活気のある組織・メンバーの話まで、あれこれを発信。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。