見出し画像

【 vol.2 】広報部の11月度活動サマリ

株式会社フェズの、2020年11月の広報部の活動サマリです!

先月「広報note vol.1」を書いたのですが、
この1ヶ月で初めて会う方とお話する際や商談の際などに、相手先の方から
「note見たんですけど〜〜〜」等々、コメント等がいただけるようになり、すごく嬉しく感じております。

引き続き、11月も広報活動のご報告です。


11月は、先月ローンチした
『Urumo OMO』プラットフォームに関する継続的な記事掲載イベント登壇の機会をいただきました。

画像2


さらに、「販促会議」内の連載企画で寄稿記事を掲載いただけたりとフェズの対外的な広報PRがアクティブになってきております!

画像3


さっそく、紹介していきます!


①11月『Urumo OMO』の広報PR活動 

〈紙メディアでの掲載〉


11/2 
ヘルスケア総合情報週刊紙「週刊DRUG topics」
記事タイトル:「売り上げ支援システム提供開始 フェズ 店頭購買データ分析、販促提案」

11/5 流通を対象とする専門紙「小売経済新聞」
記事タイトル:「フェズ 逆算型OMO提供開始 購買を可視化したプラットフォーム」

11/6 
化粧品業界 化粧品市場及びトイレタリー業界 日用品業界の流通総合専門メディア紙「粧業日報」
記事タイトル:「フェズ、売上アップを実現する新サービスの提供を開始~O2Oに代わるプラットフォームを開発◎購買から戦略をつくるOMO型マーケティングを普及」

11/7 化粧品および日用品の専門誌「月刊国際商業」
記事タイトル:「フェズ 新たなリテールテックサービス「Urumo OMO」を発表」


〈WEBメディアでの掲載〉

11/6 
化粧品業界 化粧品市場及びトイレタリー業界 日用品業界の流通総合専門メディア「週刊粧業オンライン」


11/7
 化粧品および日用品の専門メディア「国際商業オンライン」



11/30 マーケティング、セミナー・ウェビナー、PRの総合情報メディアの「Markepicks」


さらに、オンラインセミナーの開催や社外イベントへの登壇も行いました。

②オンラインセミナー開催



11/5   「小売・メーカー・消費者の変化と小売業におけるOMO型のアプローチの必要性」オンラインセミナー


③「インテージフォーラム2020」登壇

株式会社インテージ様が主催されている、「INTAGE FORUM 2020〜Reborn~変化のとき~ VUCAを生き抜く新しい一歩、新しいステージへの‘鍵’〜」のDAY2に、弊社社長室室長 兼 Urumo OMO / プロジェクトマネージャーの安藤が登壇しました。


「小売の会員・店頭のメディアとしての活用 ~顧客データ活用、成果、可視化~」をセッションテーマとし、株式会社インテージ CBD本部 事業デザイン部 越後谷 正明様とトークセッションを行いました。


SyncADさんに告知記事を掲載していただき、Twitterでもたくさん情報拡散をしていただきました。本当にありがとうございました!



④販促会議 連載

また、「販促会議」の連載『[儲かる店舗を作る!]小売担当者はこれ聞いておこう』についても寄稿記事を掲載いただいており、本連載では、小売業界の方々が実際にデータやデジタル技術を主体的に活用するための手法を紹介しております。

画像4


直近2ヶ月分の掲載実績を紹介します。

・販促会議(2020年11月号)/執行役員  井本 ・青野
記事タイトル:消費者目線で商品の「ベネフィット」を理解しよう


・販促会議(2020年12月号)/地域DX推進部・長岡
コロナ禍からの反転攻勢に向けて、準備ができているだろうか?


以上が、11月のサマリです。
12月もいろいろと広報から情報発信ができますので、お楽しみに!

今後のメディア掲載情報や広報部の活動も、「フェズの広報note」でお伝えしていきます!


最後に、現在フェズでは事業拡大に伴い複数ポジションでの中途採用・新卒採用・新卒採用を強化しております!

もしご興味ございましたら、お気軽にご連絡ください!

来月号も、ぜひお楽しみに!



神田さんnote



嬉しいです!明日もがんばります!!
9
【リアル×テクノロジーで小売業界の課題を解決する。】株式会社フェズの公式noteです。 フェズは、小売・メーカー・消費者をつなぐ「広告×販促×店頭」を連動させたプラットフォームを作るリテイルテック企業です。メイン事業のOMO事業や活気のある組織・メンバーの話まで、あれこれを発信。